織り方の違い

タオルにはいくつかの種類がありますが、織り方によっても使い心地や肌触りは大きく変わってきます。

最もポピュラーなのは「パイル」です。ループ状に糸を織り込んでいるので、吸水性と弾力性に優れています。フワッとした肌触りが好きな方に向いている織り方です。

「シャーリング」も比較的ポピュラーです。シャーリングはパイルのループをカットして引っ掛かりをなくしたタイプです。表面がなめらかで生地にツヤがあります。ループをカットしてしまうため、若干吸水性と弾力性は劣りますが、デザイン性に優れた生地です。

「マイクロファイバー」は水を吸収しにくいポリエステルの特性を生かしたタオル生地です。水に濡れてもすぐ乾くというポリエステルの性質を利用して吸湿速乾を実現しています。

「ワッフル」はその名の通り、スイーツのワッフルのように表面に立体的な凹凸があるタイプです。表面が大きいため、ループよりも吸水性に優れていて、乾きやすいのがメリットです。

「ジャガード」は、ジャガード織りという方法で、タオルに絨毯のような柄や、幾何学模様など様々な柄を取り入れているタイプです。タオルとしても使えますが、ソファーカバーや壁に飾るなどインテリアとしても使えます。

「ガーゼ」は赤ちゃん用のタオルや、敏感肌用のタオルとして人気です。肌触りがとても柔らかく、吸水性に優れています。速乾性があるから、汚れて洗ってもすぐに乾きます。とても薄く丸めるとコンパクトになるので、旅行などに持っていくタオルにもおすすめです。