タオルが臭い時の対処法

タオルは何度か使っていると、洗濯しているのに臭いが気になる事があります。きちんと洗っているのに臭う、これに悩んでいる人は意外と多いようです。

この場合考えられるのは、菌が繁殖しているからです。タオルや汗や汚れを拭き取る物ですから、選択すれば汗や汚れは落とせますが、室内干しをすると生乾きの状態が続くため、そこに臭いの原因となる菌が繁殖してしまいます。臭い菌は選択しても繁殖し続けるので、これを死滅させない限り臭いは消えてくれません。

殺菌や除菌効果のある洗剤でも落ちない時は、思い切ってタオルを煮洗いしてみましょう。洗濯をする時は熱いお湯を使うというのは難しいですが、煮洗いをすれば洗濯では落としきれない臭い菌を死滅させる事ができます。

煮洗いをする場合は、鍋を使います。アルミ鍋は洗剤で腐食を起こす可能性があるので、できればホーローかステンレスの鍋を使ってください。バスタオルの場合はかなり大きな鍋が必要です。洗剤は、粉石けんと酸素系漂白剤を使いますが、ない場合は重曹でも代用できます。

煮洗いというくらいですから、鍋に洗剤とタオルを入れてグツグツ煮ます。時間は20分くらいでOKですが、酸素系漂白剤を使う場合はグツグツ煮ずに、50度くらいに保ちます。煮終わったら冷めるまでまって、その後洗剤を入れずに洗濯機で洗い、完全に乾かします。これはふきんやTシャツにも使える便利な方法です。